2020年10月17日土曜日

4号電話機の裏のシール

 4号電話機の裏に貼ってあるシールを集めてみました。参考資料用です。


4号電話機(ぞうげ)日立製作所

4号共電式を自動式にした電話機のシールです。「ぞうげ」なので

特仕(特別仕様?)となっているのだと思います。





4号電話機の回路

 4号電話機の回路です。参考資料用です。

コンデンサや誘導コイルの形状違いで勝手に前期、後期と呼んでいます。

他には抵抗とコードの材質、コードの束ね方などが何種類かあります。


1960年富士通(ぞうげ)後期仕様

コイル、コンデンサ、抵抗、コードの材質、束ね方が違っています。












2020年10月16日金曜日

4号自動式電話機(ぞうげ)

機種名 4号Ç共電式電話機(ぞうげ)

製造年 1960年(内部部品より)

製造期間 昭和25年〜昭和37年


4号自動式電話機は、戦後、従来の3号電話機の性能を更に上回る新形電話機として昭和25年に誕生し、東京・丸の内局など6局で商用試験が行われ、昭和27年から本格的な4号化が進められた。“ハイ・ファイ電話機”といわれるほど感度が高く、そのためケーブルの細芯化にも大きな効果をあげた。

4号機には黒の他に、うすねず、ぞうげ、わかくさ、ふじ、えんじ、あおたけ、もも、と公衆電話の赤が存在する。他には壁掛け式や磁石式、ボースホーンと多くの形状が存在する。


この電話機は「ぞうげ」仕様になる。黄ばんでしまったものが多いが、この電話機は後に研磨されているのか黄ばんだ感じはない。「ぞうげ」はよく送受機のキャップ部分にヒビが入っているものが多いが、この電話機にはヒビは見当たらない。エンブレムは電電公社ではなく富士通信機仕様。






ダイヤルはメッキ仕様、センターのラベルは黒用のコピー品。本来は数字の黒い部分の色が違っている。カールコードも酷く劣化しているものが多いが、このコードは多情の日焼け程度で済んでいる。
フックボタンも白いものが付いている。カラー4号のフックボタンは稀に割れて短くなっていたり、ヒビが入っているものがあるので注意が必要だ。




回路は富士通で揃っている。誘導コイルから1960年製造のものと思われる。4号電話機では後期の仕様になる。

4号電話機に関しては、性能的な問題はなくなったので、現在でも充分使用可能だが、後の600型に比べると重さがあるのと、4号ダイヤルの耐久性に関しては注意が必要になる。

2020年10月13日火曜日

富士型3号共電式電話機

 富士通の富士型3号電話機の共電式です。FUSI No.1の記載があるタイプです。

この電話機はシーメンスの電話機の日本仕様版です。

FUSIのFUは古川、SIはシーメンスのSIだそうです。






このタイプは、樹脂が縮むのか、割れているものが多いですが、この個体は外観はそこそこきれいに残っています。ただし、金属部分のサビが酷かったので、ダイヤル部分と受話器受けは再塗装しています。足のゴムもなくなっています。





回路は、受話器内部は新しい方のモノですが、配線やコンデンサは当時のモノのようです。

絶縁性能が少し怖いです。コードは、受話器側は細い4芯を編み込んだものでしたが、劣化がひどかったので袋打ちに変更してあります。回線用のコードも同様に袋打ちコードを交換しています。

この状態でも動作はします。ただし性能は、ベルの音も弱く、音質も音が割れてしまうので聞き取りづらいものです。

実用的になるのは4号機以降なので、3号以前のものは”大きな声ではっきりと”喋らないと会話できません。それが当時の”味”ではありますが…




















 有線電話機 日立製作所 HSA-330 電話機 103K 


スピーカーホンとのことで入手しましたが、ハンズフリーのスピーカーホンではなく、

有線電話のスピーカー付きの電話機でした。











後の取手部分の赤いボタンが何をするのか不明です。

底のダイヤルは、スピーカーの音量調節でしょうか?


外観からは、NTT回線でも使えるような気がしていましたが、回路は全然別物でした。







受話器内は問題なさそうですが、ベル部分以外は600型とは全く違っています。

試しに回線につながっていないSIPアダプタにつなげてみましたが、発信音も聞こえませんでした。

有線電話はすでにサービスが終わっていますので、この電話機がまた使用されることはないのでしょう。

どうせ使えないのであれば、スピーカー部分を改造してラジオでも入れてみたら面白いかもしれません。